日本と海外で異なるタバコに関する考え方

日本ではタバコは嗜好品として昔から親しまれてきました。
今でこそ禁煙ブームが巻き起こっていますが、一昔前はどこでもタバコを吸っている人がいました。
今では考えられないと思いますが、密室空間である飛行機の中や、新幹線の中でもタバコを吸うことが出来ました。
隣との距離が近い映画館などでもタバコを吸うことが出来たというのは、現在の若者は考えられない事実だと思います。
それだけタバコは我々日本人の間に浸透していて、当たり前の存在になっていたのです。
では、今現在の日本はどうでしょうか。

今現在は、どこでも自由にタバコが吸うことが許されていた時代から大きく変化しています。
飛行機や新幹線はもちろん禁煙で、映画館でもタバコを吸うことができません。
喫煙者は喫煙スペースに身を寄せ合い、狭いスペースでタバコを吸わなければいけません。

今の日本はタバコを吸う人、吸わない人をハッキリと分けていて、飲食店では吸わない人のところに煙がいかないように様々な工夫がなされています。
日本ではタバコは有害なものとされていますが、それでも吸う人はたくさんいて、吸うか吸わないかは本人の自由とされています。
健康を害したとしてもそれは自己責任の範囲という考え方です。

一昔前は男性のほとんどがタバコを吸っていましたが、今は男性の多くが禁煙をしています。
時代に適したライフスタイルを採用している男性が増えていると考えることが出来ます。
日本はタバコを吸う人は確実に減っていますが、それに変わる商品が次々と登場していて、そういった商品が流行しています。

有名な商品を挙げるとアイコスです。
アイコスは新しいジャンルの商品で、タバコと違って体に有害な煙を発生させないという特徴があります。
また、衣服に嫌なニオイが付くこともありません。
しかし、アイコスは充電して使う商品なので、頻繁に充電しておかないとバッテリーが切れてしまい、使いたい時に使用することは出来ないです。

外国では屋内・屋外問わず全面禁煙のエリアもある

先進国の中では比較的自由にタバコを吸うことが出来る日本ですが、海外の喫煙事情はどうなのでしょうか。
ヨーロッパは日本のように自由にタバコを吸うことが出来る国は少ないです。

タバコは依存性が強く、体に有害なものという認識が浸透しているので、タバコを吸うことが出来る場所は少ないです。
北米もオフィス街などではタバコを吸うところが限られていて、日本と同様で喫煙者には厳しい環境になっています。
海外は日本よりも喫煙者を規制している国が多いですが、中でもシンガポールは独自のルールを設けています。

シンガポールはアジアの中でも大きく発展している国で、シンガポール政府は自国の景観を保つためにタバコのポイ捨てなどの行為に対して厳しい罰則を設定しています。
シンガポールではタバコのポイ捨て行為に対して罰金を科しています。
これはシンガポールの法律で決められていて、他にもゴミのポイ捨てや、路上で唾をはく行為などにも罰金があります。
公共スペースでもゴミのポイ捨ては厳しく罰せられます。

周りにいる人もチェックの目を光らせているので、観光でシンガポールに行ったときは気をつける必要があります。
罰金はシンガポール政府が法律で定めた金額なので、減額などには応じてくれません。
ポイ捨てで数万から数十万の罰金を払うのはもったいないので、日本に居るときよりも慎重に行動しましょう。

シンガポールではたばこは有害なものという扱いで、喫煙者にとっては非常に厳しい国といえます。
公共スペースではたばこを吸うことは禁じられていて、灰皿もほとんど見掛けないです。
飲食店の中でも吸うことは出来ないですし、ホテルなどでも喫煙OKの部屋以外ではたばこを吸うことは不可能です。

関連記事
禁煙成功の秘訣は目標をしっかり定めること 2020年06月24日

禁煙を行う場合に失敗しないためには、最初の目標設定が重要になります。目標がなければ守ろうという意識が気薄になり、喫煙を再開してしまう可能性があります。目標値を決めることで自分の中に義務意識が芽生え、そのことが禁煙の挫折を食い止めることにつながる可能性があります。禁煙を始める場合には、一気にやめるのか...

タバコ税の値上がりと電子タバコの普及率 2020年05月20日

昔は手軽に購入できたと言われるタバコですが、現在に至るまで徐々に値上がりされていき今では500円前後にまでなっています。吸い始めた方の中には、当初は100円ほどで手に入れることができたタバコも500円にまでなると、さすがに生活資金に大きな負担となっていることでしょう。そこで気になるのが、どうして国は...

失敗したくないならチャンピックスで禁煙チャレンジ 2020年01月20日

タバコを吸ってしまう原因には、大きく2つあります。ひとつは身体的な要因、もうひとつは精神的な要因です。身体的な要因はニコチンへの依存症です。タバコにはニコチンが含まれていますが、喫煙すると肺からニコチンが体内に吸収されます。そして血液に乗って脳へと運ばれます。脳内にはニコチン受容体という神経があり、...

禁煙の効果は計り知れない!脱タバコのメリットとは 2020年02月06日

禁煙が一大ブームとなっているのは確かな効果があるからです。そのメリットが浸透するにつれて、多くの人が挑戦するようになりました。特に健康を志す人にとって禁煙は今や基本中の基本です。喫煙者の体調不良には煙の中に含まれている大量の有害物質が深く関係しています。それは肺がんの引き金としても知られており、吸引...

有名な禁煙方法の一つであるニコレット 2020年01月01日

タバコをやめたいと思っている人は、よく使われている禁煙方法の一種であるニコレットを利用してみてはいかがでしょうか。ニコレットはガムの形をしたニコチン製剤で、ドラッグストアや通販で入手出来るため気軽に始められる禁煙方法と言えます。タバコをやめようと思ってもなかなかやめられない理由は、長年タバコを吸って...